ジャパンモビリティーショー

JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー)の日産車を紹介しています。

ジャパンモビリティーショー

フェアレディZのムービーカー「ヴェイルサイド FFZ400」を「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」に展示

1954年(昭和29年)2019年(令和元年)まで開催された東京モーターショーから名称変更された「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」が、2023年(令和5年)10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催された。
東京オートサロンのブースには映画撮影用に制作された「ヴェイルサイド(VeilSide) FFZ400」が展示された。

ジャパンモビリティーショー

「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」ヨロズ(YOROZU) 日産車のサスペンション部品を展示

1954年(昭和29年)2019年(令和元年)まで開催された東京モーターショーから名称変更された「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」が、2023年(令和5年)10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催された。
部品メーカーのヨロズ(YOROZU)は、日産車のサスペンション部品を展示した。

ジャパンモビリティーショー

「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」キッザニアとのコラボ企画に日産と日本カーモデラー協会が出展

1954年(昭和29年)2019年(令和元年)まで開催された東京モーターショーから名称変更された「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」が、2023年(令和5年)10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催された。
会場内ではキッザニアとのコラボレーション企画「Out of KidZania in JAPAN MOBILITY SHOW2023」も開催され、日産自動車も出展。
また、日本カーモデラー協会ブースではフェアレディZのクレイモデルが使用されていた。

ジャパンモビリティーショー

「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」に日産GT-RのGT500車両を展示

1954年(昭和29年)2019年(令和元年)まで開催された東京モーターショーから名称変更された「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」が、2023年(令和5年)10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催された。

各メーカーの競技車両を展示するモータースポーツエリアで、日産はGT-RのGT500車両「MOTUL AUTECH GT-R」を展示した。

ジャパンモビリティーショー

「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」レイズ(RAYS)ブースが日産車のホイールを展示

1954年(昭和29年)2019年(令和元年)まで開催された東京モーターショーから名称変更された「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」が、2023年(令和5年)10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催され、ホイールメーカーのレイズ(RAYS)ブースには「GT-R」「フェアレディZ」の市販車とNISMOのレーシングカーのホイールが展示された。

ジャパンモビリティーショー

「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」日産ブースのコンセプトカー

1954年(昭和29年)2019年(令和元年)まで開催された東京モーターショーから名称変更された「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティーショー) 2023」が、2023年(令和5年)10月26日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催され、日産ブースには3台のコンセプトカーが展示された。