日産 たま トラックを展示

日産グローバル本社ギャラリーでは、第46回東京モーターショー2019に電気自動車のコンセプトカー「ニッサン IMk」が展示されたことにちなんで、「東京モーターショーが待ちきれない!モーターショーに向けて日産の電気自動車(EV)の歴史を楽しもう!」という展示が2019年10月11日から11月11日まで行われた。

日産の電気自動車の歴史をテーマに、4台のヘリテージカーが展示された。
今回はたま トラックを紹介する。

スポンサーリンク

たま トラック ガソリンエンジン仕様(1947年・EOT-47-Ⅱ型)

たま トラック 展示

たまトラックは、立川飛行機が解体されてできた東京電気自動車の製品で、セダンとともに1947年(昭和22年)に発売された。
当初は電気自動車として発売されたが、1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発すると、バッテリーの原料である鉛の価格が高騰し、入手困難となる。

たま トラック

その一方でガソリンの供給事情は改善されて入手しやすくなったため、電気自動車からガソリン車に改造されたのが、今回の展示車である。

たまトラック 荷台
たま トラック 展示

セダンの電気自動車は下記リンクから。

1947年に作られた電気自動車
1947年に作られた電気自動車「たま電気自動車」が日産グローバル本社ギャラリーに展示されている。日産自動車創立80周年を記念した特別展示で、展示期間は2013年10月25日から11月10日までとなっている。

第46回東京モーターショー2019のコンセプトカー「ニッサン IMk」は下記リンクから。

日産 東京モーターショー2019にコンセプトカー2台を展示
第46回東京モーターショー2019が、2019年10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトとMEGA WEB、シンボルプロムナード公園で開催された。東京ビッグサイト西展示棟の2ホールにある日産ブースには、2台のコンセプトカーが展示された。

たま トラック ガソリンエンジン仕様 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.10
全長:3,040㎜
全幅:1,200㎜
全高:1,600㎜
ホイールベース:2,000㎜
トレッド(前/後):1,045㎜/1,045㎜
車両重量:1,050㎏
サスペンション(前後共):縦置きリーフ
ブレーキ(前後共):ロッド式ドラム
タイア:4.00-17-4PR

たま トラック ガソリンエンジン仕様 エンジン主要諸元

エンジン型式:E8型(直列4気筒・サイドバルブ)
総排気量:760㏄