日産 キューブのEVテストカーを展示

日産グローバル本社ギャラリーでは、第46回東京モーターショー2019に電気自動車のコンセプトカー「ニッサン IMk」が展示されたことにちなんで、「東京モーターショーが待ちきれない!モーターショーに向けて日産の電気自動車(EV)の歴史を楽しもう!」という展示が2019年10月11日から11月11日まで行われた。

日産の電気自動車の歴史をテーマに、4台のヘリテージカーが展示された。
今回はキューブのEVテストカーを紹介する。

スポンサーリンク

日産 キューブ EVテストカー(2008年・Z11改型)

日産 キューブ EVテストカー

2010年(平成22年)に発売された初代リーフのリチウムイオン電池の仕様検討のため、キューブを改造して制作された。

日産 キューブ EVテストカー

左右のリアシートが独立した4人乗りとなっており、左右シート間には黒いボックス状の部品が付いている。

日産 キューブ EVテストカー
日産 キューブ EVテストカー

第46回東京モーターショー2019のコンセプトカー「ニッサン IMk」は下記リンクから。

日産 東京モーターショー2019にコンセプトカー2台を展示
第46回東京モーターショー2019が、2019年10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトとMEGA WEB、シンボルプロムナード公園で開催された。東京ビッグサイト西展示棟の2ホールにある日産ブースには、2台のコンセプトカーが展示された。

日産 キューブ EVテストカー 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.425
全長:3,900㎜
全幅:1,680㎜
全高:1,645㎜
ホイールベース:2,600㎜
トレッド(前/後):1,480㎜/1,485㎜
車両重量:1,597㎏
サスペンション(前/後):ストラット/トーションビーム
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイア:185/65R15

日産 キューブ EVテストカー モーター主要諸元

最高出力:60kW(82ps)/2,650rpm~12,000rpm
最大トルク:216N・m(22.0kgf・m)/0rpm~2,650rpm