日産 東京モーターショー2019にコンセプトカー2台を展示

この記事は約2分で読めます。

第46回東京モーターショー2019が、2019年10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトとMEGA WEB、シンボルプロムナード公園で開催された。

東京ビッグサイト西展示棟の2ホールにある日産ブースには、2台のコンセプトカーが展示された。

スポンサーリンク

日産 IMk

軽自動車サイズの電気自動車で、シティコミューターとしての用途を想定。
フロントからリヤへとなめらかに面が流れていく、シンプルなデザインとなっている。

日産 IMk

ボディカラーは「あかがね」という色で、日本古来より使われている銅の色を表現している。
バンパーやホイール、テールランプには水引をモチーフとしたスリット状のデザインを採用し、日本の伝統的な表現を電気自動車に融合させようとしている。

日産 IMk

内装は、白い雲をイメージした色の生地が使われている。

日産 IMk

全長:3,434㎜
全幅(ドアミラー除く):1,512㎜
全高:1,644㎜

スポンサーリンク

日産 アリア コンセプト(ARIYA CONCEPT)

日産 アリア コンセプト(ARIYA CONCEPT)

4輪駆動のEVクロスオーバーで、低いルーフラインを持った現在流行のクーペフォルムとなっている。
幅広のフロントフェンダーや薄いLEDヘッドランプ、従来のグリルの代わりに装着したフロントシールドなど、日産の新しいデザインランゲージを採用。
フロントシールドによって、運転支援システムのレーダーやセンサーをデザインに溶け込ませている。
ボディ幅いっぱいにデザインされたテールランプと、高い位置にあるリヤスポイラーで力強さを表現したという。

日産 アリア コンセプト(ARIYA CONCEPT)

ボディカラーは夜明けの空の色をイメージした「彗星ブルー」で、 遠くから見た時はマットな印象、クルマに近づくと塗料に含まれる大きなガラスフレークにより、光の屈折が映し出される。

日産 アリア コンセプト(ARIYA CONCEPT)

運転支援技術「プロパイロット2.0」に加えて新たに「プロパイロット リモートパーキング」を搭載。
クルマから降りてスマートフォンを使い、クルマを駐車位置に駐車することができる。

パワートレインは前後にモーターを1基ずつ搭載した、ツインモーター4輪制御システムを搭載。
前後のモーターやステアリング、ブレーキを統合制御することで最適な駆動力と制動力のコントロールを行う。

日産 アリア コンセプト(ARIYA CONCEPT)

全長:4,600㎜
全幅(ドアミラー除く):1,920㎜
全高:1,630㎜

前回の東京モーターショー2017 日産ブースは下記リンクから。

第45回東京モーターショー2017 日産ブース
第45回東京モーターショー2017が2017年10月27日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されている。日産ブースの主な展示車を紹介する。