日産車の部品展示「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」

スポンサーリンク

2022年(令和4年)5月25日~27日、パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」が開催された。
部品メーカーのブースに展示されていた、日産車の部品を紹介する。

スポンサーリンク

「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」日産車の部品展示

人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA ジヤトコ株式会社ブース

ジヤトコ株式会社の9速AT「JR913E」とアリア用ギヤ&シャフト

ジヤトコ株式会社の9速AT「JR913E」

後輪駆動用で、トルク容量700Nm。
マグネシウム製ケースや樹脂製オイルパンで軽量化を図ったほか、シャフト支持をブッシュからフルベアリングに変更してフリクション低減を図った。

ジヤトコ株式会社 9速AT「JR913E」内部

フェアレディZ(RZ34)のために開発されたが、スポーツカーは販売台数が少ないことから北米向けピックアップトラック「タイタン」用という名目で開発予算を確保して開発が行われ、タイタンにも搭載された。

ジヤトコ株式会社 9速AT「JR913E」内部

アリアの減速機に組み込まれている、ファイナルギア、アウトプットギア&シャフト、インプットシャフト、パーキングホイールも展示された。

ジヤトコ株式会社 日産アリア用ギヤ&シャフト

ジヤトコ株式会社 日産アリア用ギヤ&シャフト

 

リョービ株式会社のアリア用カウルトップカバー

人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA リョービ株式会社ブース

補強用のリブが見えるよう裏返しにして展示されていた。

リョービ株式会社の日産アリア用カウルトップカバー

リョービ株式会社の日産アリア用カウルトップカバー

ダイカスト工法で作られており、材質はリョービが開発したRMH-Tという合金が使われている。
2,500トンの鋳造機を用いることで質量を4.9㎏に収めた。

リョービ株式会社の日産アリア用カウルトップカバー

市光工業のノート用LEDヘッドランプ

市光工業の日産ノート用LEDヘッドランプ

ノートにメーカーオプションで設定されている。
LEDのランプユニットとライトコントロールユニット、ADBドライバーで構成されている。

市光工業の日産ノート用LEDヘッドランプ 中身と完成品

市光工業の日産ノート用LEDヘッドランプ

「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」日産キャシュカイのホワイトボディは下記リンクから。

日産キャシュカイのホワイトボディを「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」に展示
2022年(令和4年)5月25日~27日、パシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」が開催され、日産キャシュカイのホワイトボディが展示された。
東レ リーフ NISMO RC_02のカーボンモノコックを展示
「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」が、横浜市にあるパシフィコ横浜で2019年5月22日~24日に開催された。日産「リーフ NISMO RC_02」には東レのカーボンモノコックやサブフレームが採用されており、東レブースに前後のカウルを外した状態で展示された。
東レ GT-R GT500のカーボンモノコックを展示
「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が、2018年5月23~25日にパシフィコ横浜で開催された。自動車部品の展示会のため多数の部品メーカーが出展したが、その中から東レブースに展示されたスーパーGT GT500車両のカーボンモノコックを紹介する。
ノートe-POWERとリーフのリョービ製モーターカバー
「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が、2018年5月23~25日にパシフィコ横浜で開催された。自動車部品の展示会のため多数の部品メーカーが出展したが、その中から日産車に関連した展示として、リョービブースに展示された日産車向けのダイカスト製品を紹介する。
タイトルとURLをコピーしました