東レ リーフ NISMO RC_02のカーボンモノコックを展示

「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」が、横浜市にあるパシフィコ横浜で2019年5月22日~24日に開催された。
日産「リーフ NISMO RC_02」には東レのカーボンモノコックやサブフレームが採用されており、東レブースに前後のカウルを外した状態で展示された。

スポンサーリンク

リーフ NISMO RC_02のカーボンモノコック・サブフレーム

リーフ ニスモ rc2

モノコックシャシー:147.5㎏
サブフレーム(前後共通):26.5㎏/式
クラッシュボックス:21.6㎏

リーフ ニスモ rc2 カーボンモノコック

リーフ NISMO RC_02の主要構造部品の開発と製造は、東レ・カーボンマジック株式会社が手掛けた。
モノコック、サブフレーム、ルーフはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製となっている。

リーフ NISMO RC_02のカーボンモノコックは、前モデルをベースに開発された。
モーターが2基となりバッテリー容量も増加したためさらなる軽量化が必要となり、主要構造部品のモノコック、サブフレームをオートクレーブ工法でCFRP化。

リーフ ニスモ rc2 カーボン

サブフレーム(サスペンションが取り付けられている部分)はおよそ25%軽量化し、前後共通とすることでコストダウンを図った。
先端の細い部分はクラッシュボックス。

リーフ ニスモ rc2 カーボン製サブフレームとクラッシュボックス
リーフ ニスモ rc2 カーボンモノコック

ルーフはVaRTM工法を採用。
プリプレグ材やオートクレーブの設備を必要としないため、シンプルな形状の部品でコストダウンが可能となる。

人とくるまのテクノロジー展2018の東レブースに展示された、GT-R GT500のカーボンモノコックは下記リンクから。

東レ GT-R GT500のカーボンモノコックを展示
「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が、2018年5月23~25日にパシフィコ横浜で開催された。自動車部品の展示会のため多数の部品メーカーが出展したが、その中から東レブースに展示されたスーパーGT GT500車両のカーボンモノコックを紹介する。