日産クロッシングで三春滝桜を展示

スポンサーリンク

東京・銀座の日産クロッシングでは、2021年3月15日から3月31日まで三春滝桜の生木が展示された。

スポンサーリンク

三春滝桜を根ごと運び込む

日産 GT-R50 テストカーと三春滝桜

三春滝桜は、桜の木としては初めて国の天然記念物に指定された。
開花期には四方に伸びた枝から小さな花を咲かせ、その様子が流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになったとされている。

三春滝桜の枝

今回の展示は三春滝桜の子孫を根ごと運びこみ、自然の生命力だけで開花させ、咲き終えた桜は再び福島に戻すというものだった。

日産クロッシングに展示された日産 GT-R50 テストカー

2019年に桜の生木が展示された際の記事は下記リンクを参照。

日産クロッシングで桜の展示
日産クロッシングでは、2019年3月8日から17日までGINZA PLACE合同企画「GINZA “sakura” PLACE 2019」の展示が行われ、桜の生木が展示された。