日産クロッシングでは、スカイライン誕生60周年を記念した展示が2017年4月10日から5月31日まで開催されており、2017年4月25日から5月31日までは4代目スカイラインが展示されている。

スポンサーリンク

スカイライン 4ドアセダン2000GT-X(1973年・GC110型)

4代目スカイライン

4代目スカイラインは先代で確立したキャラクターを維持しながらボディを拡大し、丸みを帯びたスタイリングに変わるが、リアフェンダーの特徴的なプレスラインである「サーフィンライン」は残された。

4代目スカイライン

広告は先代の「愛のスカイライン」の延長として展開された「ケンとメリーのスカイライン」のキャンペーンがヒットし、「ケンメリ」の愛称を生み出した。

4代目スカイライン

バズが歌うCMソング「ケンとメリー~愛と風のように」がシングルヒットし、ケンとメリーのロゴ入りTシャツが売れ、CMに登場した北海道のポプラの木が観光スポット化するなど、社会現象になったことでも記憶されている。

4代目スカイライン、通称ケンメリは1977年夏までの約5年間でスカイライン最高の累計約66万台の販売を記録した。

4代目スカイライン

この展示車は日産プリンス香川販売が所蔵するもので、以前日産グローバル本社ギャラリーや、スカイライン60周年イベント「SKYLINE TIMELINE」にも展示された車両である。
日産グローバル本社ギャラリーに展示された際の記事はこちら
「SKYLINE TIMELINE」の際の記事はこちら
日産クロッシングに3代目スカイラインが展示された時の記事はこちら

スポンサーリンク