スカイラインの誕生60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」が、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで2017年4月21日から4月24日に開催され、歴代スカイライン12台と現行スカイライン1台の合計13台が展示された。

2017年4月24日がスカイラインの誕生60周年であることから、このイベントが開催された。

今回は展示された2代目~4代目スカイラインを紹介する。

スポンサーリンク

2代目~4代目スカイライン

2~4代目スカイライン

2代目スカイライン 1500デラックス

1964年の第2回日本グランプリに出場した「スカイラインGT」は、ポルシェ904GTSを7周目で抜き去るという離れ業を成し遂げ、「羊の皮を着た狼」という称号が与えられた。

2代目スカイライン2代目スカイライン

3代目スカイライン 1500スポーツデラックス

広告キャンペーン「愛のスカイライン」で、パートナーとグランドツーリングを楽しむクルマというイメージが定着。
ボクシーなスタイリングから、のちに「ハコスカ」の愛称も誕生した。

3代目スカイライン3代目スカイライン

4代目スカイライン 2000GT-X

「ケンとメリーのスカイライン」の広告シリーズが異例のヒットを記録。
累計販売台数も歴代最高の約66万台を記録するベストセラーとなった。

4代目スカイライン
4代目スカイライン

スポンサーリンク