第43回東京モーターショーの日産ブースでは、11月28日の18:00-18:30に放送作家の小山薫堂氏と日産自動車チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏による「DESIGN TALK LIVE」が開催された。

小山氏と中村氏が、日産ブースメインステージに展示されたコンセプトカーの「Blade Glider(ブレイドグライダー)」「IDx FREEFLOW(アイディーエックス フリーフロー)」「IDx NISMO(アイディーエックス ニスモ)」を前に、デザインについてトークを繰り広げた。

第3回は小山薫堂氏がコンセプトカー「Blade Glider(ブレイドグライダー)」に乗り込む。

第43回東京モーターショー 小山薫堂×中村史郎トークライブ ブレイドグライダー

スポンサーリンク

「戦闘機のコックピットみたい」

(その2の続き)
小山:あっすごい。これリモコンで開くんですか?

中村:リモコンで開きます。ご覧のように(ドアが開くと)シートとハンドルが動いて乗りやすくなります。
乗ってみてください。
小山:はい。(ブレードグライダーの運転席に乗り込む)

中村:乗っていただいたら、今度はシートが自動的にスライドしますから。

小山:(シートが)スライドしました。

中村:これ、ブレードグライダーって言ってますけども、グライダーのようにドライバーが真ん中に乗って、独特の運転感覚が得られるのがこのクルマの特徴なんですね。

小山:これ、なんかもう、飛んでいきそうな、飛行機のイメージありますね。

中村:飛行機をイメージしています。電気自動車ですから音がしませんから、走ると風の音が聞こえてくるっていう。

小山:へえ。

中村:それがこのクルマの、グライダーも音なしで空飛んでますけども、それをイメージして作ったクルマです。

小山:(インストルメントパネルを指して)このパネルの中にいろんな情報が出るんですね?

中村:そうです。これがコンパスになってて、どっちの方向向いてるかとかいろんな情報が表示されるんです。

小山:天気図があったりするんですか?

中村:そうです。それも飛行機をイメージして。

小山:へえ。

中村:(スタッフに)ドアを閉めてください。閉めるとまた独特の雰囲気になると思うんですけど。

小山:(小山氏を乗せたままブレイドグライダーのドアが閉まる)あっ、これは本当にあのー、戦闘機のコックピットみたいです。で後ろに…

中村:後ろにあと2人乗れます。

小山:これ飛んで行きそうな感じしますね。

中村:音もなく動くのがこのクルマのいいところですね。

小山:市販できる可能性があるとしたら、何年後ぐらいなんですか?

中村:はっきりとは言えないんですけど、まあ5年以内には。

小山:5年以内?へえー。

中村:ホイールモーターってずっとやってるんですね。長い間研究していて、ぼちぼち世の中に量産できるところまでやってきたんです。
で、さっき言いましたけどもこれってフロントがものすごく狭いんですね。
三角形っぽいんですけど、このレイアウトっていうのは実を言うと、3輪車みたいに見えますけども、安定してます。
後ろにタイヤの重心がかかってるんで、加速もブレーキもすごくいいんです。
このレイアウトは非常にユニークなんですけども、ル・マン24時間レースに出まして、来年もル・マン24時間に同じレイアウトのレーシングカーを出す予定です。

小山:この幅は相当広いですね。

中村:そうですね。1メートル85センチくらいですね。前が狭いので後ろは相対的に広くしてます。
もう1台こちらなんですけども…
その4へ続く)

スポンサーリンク