第43回東京モーターショーの日産ブースでは、11月28日の18:00-18:30に放送作家の小山薫堂氏と日産自動車チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏による「DESIGN TALK LIVE」が開催された。

小山氏と中村氏が、日産ブースメインステージに展示されたコンセプトカーの「Blade Glider(ブレイドグライダー)」「IDx FREEFLOW(アイディーエックス フリーフロー)」「IDx NISMO(アイディーエックス ニスモ)」を前に、デザインについてトークを繰り広げた。

第2回はコンセプトカー「Blade Glider(ブレイドグライダー)」について。

第43回東京モーターショー 小山薫堂×中村史郎トークライブ 日産ブレイドグライダー

スポンサーリンク

モーターがホイールの中に

(その1の続き)
中村:まず、左側にあるクルマ、ブレイドグライダーって言うんですけど日産はモーターショーで毎回電気自動車のコンセプトカーを出しているんですけど、これが4回目です。
ピボ1、ピボ2、ピボ3って出してて今年はスポーツカーになったんですけど、これは何が違うかっていうとリアのトレッドが広くて、前が狭い。
これは非常に安定性が良くて運転がすごく楽しいんですよ。
一番大きな違いはモーターがホイールの中に入ってるんです。

小山:モーターは全部でいくつ?

中村:2つなんですけども、(左右の)タイヤは軸でつながってなくて、これ(ホイール)がモーターなんですよ。
なにがいいかっていうと、レイアウトが自由なんですよ。
ご覧のようにドライバーが真ん中に座っていて、後ろに2名座る。
こういうレイアウトは電気自動車でないとなかなかできないんですよ。

小山:2つモーターを使う電気自動車っていうのはいままでもあったんですか?

中村:まだ売られているクルマはないです。われわれはずっとやって来てて、これを将来的には皆さんに買っていただけるようにしたいと。
じゃちょっと乗っていただきましょう。
(スタッフに)開けていただけますか?
その3へ続く)

スポンサーリンク