新型フェアレディZ日本仕様を東京オートサロン2022に展示

スポンサーリンク

東京オートサロン2022が、2022年(令和4年)1月14日~16日に千葉県の幕張メッセで開催され、日産自動車は新型フェアレディZの日本仕様を公開した。

スポンサーリンク

フェアレディZ Proto Spec

フェアレディZ Proto Spec

ボディカラー:イカズチイエロー(3P)/スーパーブラック 2トーン<#XJS>(特別塗装色)
内装色:ブラック(G)
メーカー希望小売価格:6,966,300円

フェアレディZ Proto Specのリヤビュー

Proto Specは2020年(令和2年)に発表されたフェアレディZ プロトタイプに着想を得た限定車で、6月下旬に240台が限定販売される。
ボディカラーはイカズチイエローとスーパーブラックの2トーンのみで、レイズ製ホイールの色はチタニウムゴールド、ブレーキキャリパーはイエローとなっている。

フェアレディZ Proto Specのホイール

フェアレディZ Proto Specのテールランプ

内装もプロトタイプ同様にブラックとイエローの組み合わせとなっている。
展示車は6速MT。

フェアレディZ Proto Specの内装

フェアレディZ Proto Specのシート

フェアレディZ プロトタイプの写真は下記リンクを参照。

フェアレディZプロトタイプを日産パビリオンに展示
日産自動車は、横浜市に期間限定のエンターテインメント施設「NISSAN PAVILION(日産パビリオン)」を2020年8月1日から10月23日まで開設した。2021年発売予定の電気自動車「アリア」の展示をメインとした施設だが、2020年9月17日から10月4日まではフェアレディZプロトタイプも展示された。

エンジン主要諸元

型式:VR30DDTT
排気量:2.997L
最高出力:298kW(405ps)/6,400rpm
最大トルク:475N・m(48.4kgf・m)/1,600-5,600rpm

スポンサーリンク

フェアレディZ Version ST

フェアレディZ Version ST

ボディカラー:セイランブルー(3P)/スーパーブラック 2トーン<#XJR>(特別塗装色)
内装色:レッド(A)
メーカー希望小売価格:非公開

 

フェアレディZ Version STのリヤビュー

Proto Specと異なり、ダークグレーのホイールとレッドのブレーキキャリパーの組み合わせとなる。

フェアレディZ Version STのホイール

内装はブラックとレッドの組み合わせとなっている。
展示車は9速AT。

フェアレディZ Version STの内装

フェアレディZ Version STのシート

タイトルとURLをコピーしました