フェアレディZプロトタイプを日産パビリオンに展示

スポンサーリンク

日産自動車は、横浜市に期間限定のエンターテインメント施設「NISSAN PAVILION(日産パビリオン)」を2020年8月1日から10月23日まで開設した。

2021年発売予定の電気自動車「アリア」の展示をメインとした施設だが、2020年9月17日から10月4日まではフェアレディZプロトタイプも展示された。

スポンサーリンク

日産パビリオンに展示されたフェアレディZプロトタイプ

日産 フェアレディZプロトタイプ

ボディカラーは「イカヅチイエロー」。
日産によると、歴代フェアレディZにイエローが設定されていたことからプロトタイプのボディカラーをイエローにしたという。
フェアレディZは3代目・Z31型以外のモデルにイエローを設定していた。

フェアレディZプロトタイプのリヤビュー

リヤの「Fairlady Z」のエンブレムは初代同様に斜めに取り付けられている。

フェアレディZプロトタイプのエンブレム

ブレーキキャリパーもイエローとなっている。
タイヤはダンロップのSP SPORT MAXX GT600が装着されていた。

フェアレディZプロトタイプのフロントのホイールとブレーキ

内装色はブラックで、イエローのステッチが入っている。
メーターは液晶パネルとなった。

フェアレディZプロトタイプの運転席

 

フェアレディZプロトタイプのシート