2014年5月26日、スカイラインに次世代ターボ車「200GT-t(ニーマルマル ジーティーターボ)」が追加された。
6月5日から全国一斉に発売される。

2014年2月に発売された新型スカイライン(V37型)はハイブリッドのみが設定され、2014年2月から4月で5,289台を受注。
今回追加された200GT-tはガソリン車で、これによってV37型スカイラインのラインナップが拡大されたことになる。

スポンサーリンク

ダイムラー社とのアライアンスによるエンジン

v37スカイライン HAGANEブルー

スカイライン200GT-tのエンジンは日産がメルセデス・ベンツで知られるドイツ・ダイムラー社と共同開発した2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン・274930型で、従来型の2.5リッターV型6気筒に代わるエンジン。

現在世界的なトレンドとなっている、ガソリンエンジンのダウンサイジングを行うべく開発された。

最高出力は155kw(211ps)/5,500rpm、最大トルクは350N・m(35.7kgf-m)/1,250-3,500rpmで、直噴と高効率小型ターボチャージャーの組み合わせによって、低速からトルクを立ち上げてフラットに持続させる特性となっている。

JC08モード燃費は13.6km/lでエコカー減税対象車となっている。

プレミアムセダンのマーケットは2004年に2.8万台だったのが2013年には4.7万台と65%伸びているが、その半分以上はドイツ車で占められており日産車の存在感はほとんどない。
日産はスカイラインの販売目標を年間5,000台以上とし、既存のスカイラインユーザーだけでなく輸入車ユーザーにもアピールして、プレミアムセダンのマーケットで存在感を得たいとしている。

スポンサーリンク