トヨタ博物館に展示されている日産車

スポンサーリンク

愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は自動車の歴史をテーマにした博物館のため、トヨタ以外のメーカーの車両も所蔵し常設展示されている。
その中から日産車を紹介する。

スポンサーリンク

トヨタ博物館に展示されている日産車(2022年3月撮影)

ダットサン11型フェートン(1932年)

トヨタ博物館 ダットサン11型フェートン

日産自動車設立前、ダット自動車製造で生産された150台の中の1台で、現存する最古のダットサン。

トヨタ博物館 ダットサン11型フェートンの運転席

トヨタ博物館 ダットサン11型フェートンのリヤビュー

ダットサン サニー(1966年・B10型)

トヨタ博物館 ダットサンサニーのフロントビュー

トヨタ カローラと競争しつつ、マイカーの普及に貢献した。

トヨタ博物館 ダットサンサニー

ダットサン ブルーバード(1965年・P411型)

トヨタ博物館 ダットサンブルーバード

1963年(昭和38年)登場の2代目ブルーバードで、「走るベストセラーに優美なデザイン」がキャッチフレーズ。
日産初となるモノコックボディや、イタリアのピニンファリーナによるヨーロッパ調のデザインが特徴だった。

トヨタ博物館 ダットサンブルーバードの運転席

ダットサン フェアレディ(1963年・SP310型)

トヨタ博物館 ダットサンフェアレディ

ブルーバードのシャシーにセドリックのエンジンを搭載した、国産車初の量産スポーツカー。
横向きに座るリヤシートを備えた、3人乗りとなっている。

トヨタ博物館 ダットサンフェアレディの内装

日産 シルビア(1966年・CSP311型)

ダットサン フェアレディのシャシーをベースに1,600㏄エンジンを搭載したクーペ。

トヨタ博物館 初代シルビア

日産 フェアレディZ432(1970年・S30型)

初代フェアレディZは北米市場で安価で安全なスポーツカーとして大ヒットした。
432は日本向けの高性能グレード。

トヨタ博物館 フェアレディZ432

日産 スカイラインGT-R(1989年・BNR32型)

トヨタ博物館 スカイラインGT-R

8代目スカイラインに16年ぶりに復活したGT-Rは当時、セダン派生型のスポーツカーとして世界トップクラスの性能で、レースでも活躍した。

トヨタ博物館 スカイラインGT-Rの内装

トヨタ博物館 スカイラインGT-Rのリヤビュー

このGT-Rは以前、東京にあったトヨタの施設「MEGA WEB」でレストア作業を受けていた車両。
記事は下記リンクから。

スカイラインGT-Rをトヨタがレストア
東京都江東区にあるトヨタのショールーム「TOYOTA MEGA WEB」内の「ヒストリーガレージ」1階の工場で、スカイラインGT-R(BNR32型)のレストアが行われている。
タイトルとURLをコピーしました