スカイラインGT-Rをトヨタがレストア

東京都江東区にあるトヨタのショールーム「TOYOTA MEGA WEB」内の「ヒストリーガレージ」1階の工場で、スカイラインGT-R(BNR32型)のレストアが行われている。
なぜ、トヨタが日産車をレストアしているのか?

スポンサーリンク

なぜ、トヨタが日産車をレストア?

ヒストリーガレージ2階にはクラシックカーが展示されており、トヨタの施設だがトヨタ以外のメーカーの車両も所蔵して展示を行っている。
また、愛知県にあるトヨタ博物館は自動車の歴史をテーマとしているため、こちらもトヨタ以外のメーカーの車両も所蔵・展示を行っている。

スカイラインGT-R(BNR32型)

トヨタは所蔵する車両が他メーカーであっても、ヒストリーガレージ1階の工場でメンテナンスやレストアを行っており、工場の一部はガラス張りとなっているため通路から作業風景を見ることができる。

rb26dettエンジン

今回レストアされているスカイラインGT-Rはトヨタ博物館の所蔵車両で、前期型の中でも車体番号が1000番台という初期の生産車。
フロントの部品が取り外され、エンジンが降ろされた状態となっていた。
棚にはヘッドライトやフロントバンパーが置かれている。

スカイラインGT-R(BNR32型)
スカイラインGT-R(BNR32型)