新型エクストレイル(T33型) 人気のグレード・色・オプションは?

スポンサーリンク

日産自動車は2022年(令和4年)8月8日、新型エクストレイル(T33型)の受注台数が7月25日の発売から2週間で1万2千台を突破したと発表した。

8月7日時点で12,213台を受注しており、歴代エクストレイル史上最速であるだけでなく、e-POWER搭載車としても最短日数で受注1万台を突破した。
グレード・ボディカラー・オプションの受注比率は…

スポンサーリンク

新型エクストレイル(T33型) の売れている仕様

日産自動車の発表によると、駆動方式の構成比は4輪駆動「e-4ORCE」が90%、2輪駆動が10%。

グレードの比率は2WDと4WDの合計で

  • G:61%
  • X:37%
  • S:2%

となっており、最上級グレードのGを6割以上の顧客が選択している。

ボディカラーは多い順に、

  • ブリリアントホワイトパール<#QAB>:29%
  • ダイヤモンドブラック<#G41>:21%
  • ブリリアントホワイトパール/ スーパーブラック 2トーン<#XBJ>:14%
  • シェルブロンド/スーパーブラック 2トーン<#XEW>:11%
  • ステルスグレー/スーパーブラック 2トーン<#XEX>:5%
  • カーディナルレッド<#NBL>:5%
  • その他:15%

となっている。

主要なメーカーオプション装着率は、

  • Nissan Connectナビゲーションシステム(X・X e-4ORCEに設定):73%
  • BOSE Premium Sound System +パノラミックガラスルーフ(G・G e-4ORCEに設定):29%
  • 防水シート(X・X e-4ORCEに設定):55%
  • ナッパレザーシート(G・G e-4ORCEに設定):30%

となっており、XとX e-4ORCEを選んだ顧客の半数以上がメーカーオプションのナビゲーションシステムと防水シートを装着していることが分かる。

日産グローバル本社ギャラリーと日産クロッシングでの展示車は下記リンクから。

日産 新型X-TRAIL(エクストレイル)展示イベントを開催
横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは7月21日から9月30日まで新型エクストレイルの特別展示が行われており、6台が展示されている。
日産 新型X-TRAIL(エクストレイル)を日産クロッシングに展示
日産自動車はSUV「X-TRAIL(エクストレイル)」を2022年(令和4年)7月20日にフルモデルチェンジし、7月25日に発売した(2WDは今秋発売予定)。
東京・銀座の日産クロッシングでは7月21日から9月30日まで、新型エクストレイルの特別展示が行われている。
タイトルとURLをコピーしました