エクストレイル t32型 ダークメタルグレー

2013年12月11日に発表された新型エクストレイルには、SUVとしてのイメージを強調したグレード「エクストリーマーX」が設定されている。

エクストリーマーX専用のエクステリアは他のグレードにもディーラーオプションで設定されており、日産グローバル本社ギャラリーで2013年12月11日から2014年1月5日まで開催されている「新型エクストレイル デビューイベント」ではオプション装着車も展示されている。

スポンサーリンク

単品装着よりパッケージがお得

エクストリーマーX専用に装備されているエクステリアの内、「フロントオーバーライダー+フロントアンダーカバー」、「リアアンダーカバー」、「サイドアンダーカバー」、「マッドガード」は他のグレードにもディーラーオプションで設定されている。

取付費・消費税込み価格は、
・フロントオーバーライダー+フロントアンダーカバー:97,609円(アラウンドビューモニター無車用)、99,289円(アラウンドビューモニター付車用)
・リアアンダーカバー:39,095円
・サイドアンダーカバー:50,190円
・マッドガード:24,885円

これらのうち「フロントオーバーライダー+フロントアンダーカバー」と「リアアンダーカバー」は、「エクストリーマー パッケージ(X-TREMER Package)」というパッケージ販売も行われている。

取付費・消費税込み価格は、
アラウンドビューモニター無車用:通常合計価格136,704円→パッケージ特別価格99,800円
アラウンドビューモニター付車用:通常合計価格138,384円→パッケージ特別価格101,480円
と個別に購入するよりも36,904円お得なパッケージとなっている。

「エクストリーマー パッケージ」は日産グローバル本社ギャラリーの7台の展示車のうち、ボディカラーがダークメタルグレーの20Xに装着されている。
この記事の写真がその展示車で、エクストリーマー パッケージの他にメーカーオプションのフォグランプとルーフレールが装着されている。

エクストレイル エクストリーマーパッケージ装着車

ちなみに、エクストリーマーXの記事にも書いたが「フロントオーバーライダー+フロントアンダーカバー」は国土交通省の保安基準である歩行者脚部保護基準を満たすために同時装着が必須のため、セット販売となっている。

選べない装備も

一方、エクストリーマーX専用装備の中には他のグレードで選べないものもある。

「大型フォグランプ」「専用フォグランプフィニッシャー」「専用アルミホイール」の3点は、他のグレードではメーカーオプションとディーラーオプションのいずれも設定されていない。

スポンサーリンク