日産エクストレイル セルクロス パートナー

新型エクストレイルの大きな特徴となっている防水内装。

なかでもシートには3種類の合成皮革が使用され、防水性だけでなくシートとしての快適性や質感にも配慮されている。
クルマの進化=素材の進化といっても過言ではないのだ。

スポンサーリンク

3種類の合成皮革を使用

エクストレイルのシートに使われている合成皮革は「セルクロス」「フレーザークロス」「パートナー」の3種類。

セルクロスとフレーザークロスはスミノエテイジンテクノ株式会社の商品名で、パートナーはアキレス株式会社の商品名である。

先代モデルであるT31型でも使用されていたセルクロスが、T32型へのフルモデルチェンジに当たり改良。
セルクロスは水は通さないが湿気は通すという防水・透湿機能を持っているが、透湿性を30パーセント向上させたことで濡れたまま乗車した際の蒸れを減少させた。

運転席と助手席はシートメイン部にセルクロス、メイン部の一部とサイド部にフレーザークロスが使用されている。

エクストレイル 防水内装 合成皮革

2列目と3列目はメイン部がセルクロス、メイン部の一部とサイドがパートナー。

新型エクストレイルのシートには、上質感を追求するため強さとしなやかさを兼ね備えたパートナーが最も多く使われており、全ての席でヘッドレスト、マチ部、シートバックの素材はパートナーとなっている。

エクストレイル リアシート 合成皮革

スポンサーリンク