Be-1

日産 Be-1(BK10型・1987年)

日産銀座ギャラリーでは、2013年5月21日から6月5日まで、パイクカー「Be-1」を展示しています。

Be-1は、1985年東京モーターショーにコンセプトカーとして出品された所大きな反響があったため、1987年に1万台限定で市販されました。

当時の日本車が技術偏重・スペック至上主義だった中で、初代マーチをベースにレトロ調デザインのボディという 正反対の方向性で作られたBe-1は、パイク(鋭い感覚)カーとして一世を風靡しました。

このBe-1の成功が、パイクカー第2弾のPAO(パオ)や第3弾のFIGARO(フィガロ)へとつながっていくのです。

スポンサーリンク

懐かしのパイクカー「Be-1」を日産銀座ギャラリーで展示

日産社長がお詫び

日産 Be-1のリア

Be-1は購入希望者が多かったため抽選で購入者を決めることとなり、購入できなかった人に対して、日産は当時の久米豊・日産自動車社長による直筆のお詫び広告を新聞に掲載するほどでした。

Be-1の人気ぶりは中古車業界にもおよび、大人気の限定車であることから新車価格より高額で中古車が取引される現象が発生。

また、服やバッグ、文房具などのグッズも発売され、港区青山にはBe-1グッズの販売やイベントの企画を行う「Be-1shop」も開設されていました。

今回の展示では、まるでパイクカーの流れを受け継いだかのようなデザインの現行キューブも一緒に展示されています。

手前:キューブ、奥:Be-1

手前:キューブ、奥:Be-1

Be-1(BK10型・1987年)主要諸元

全長:3,635mm
全幅:1,580mm
全高:1,395mm
ホイールベース:2,300mm
トレッド(前/後):1,365/1,350mm
車両重量:700kg
変速機:3速フロアAT
サスペンション(前/後):ストラット/4リンク
タイア(前 / 後):165/70HR-12 / 165/70HR-12

エンジン主要諸元

エンジン型式:MA10(直列4気筒OHC)
排気量:987cc
最高出力:38kW(52ps)/6,000rpm
最大トルク:75N・m(7.6kgm)/3,600rpm

スポンサーリンク