デイズ ハイウェイスターG(参考展示車)

デイズ ハイウェイスターG(参考展示車)

2013年6月6日に発売が予定されている、日産が三菱と共同開発した新型軽自動車「DAYZ(デイズ)」が、2013年5月22日から6月5日まで日産グローバル本社ギャラリーで先行展示されています。

日産と三菱が共同開発(OEMではありません)したクルマですから、日産DAYZは三菱から新型「eKワゴン」として発売されますが、どこが違うのでしょう?

スポンサーリンク

DAYZとeKワゴンの違い

DAYZとeKワゴンのグレード体系

「DAYZ」「eKワゴン」と、専用フロントグリルやエアロパーツを装備した「DAYZハイウェイスター」と「eKカスタム」の2つのシリーズ展開となっています。
グレードは以下の通り。

DAYZ

X(2WD・4WD)
S(2WD・4WD)
J(2WD)

eKワゴン

G(2WD・4WD)
M(2WD・4WD)
E(2WD)

DAYZ ハイウェイスター

ハイウェイスターGターボ(2WD・4WD)
ハイウェイスターG(2WD・4WD)
ハイウェイスターX(2WD・4WD)
ハイウェイスターJ(2WD)

eKカスタム

T(2WD・4WD)
G(2WD・4WD)
M(2WD)

各シリーズとも、最も安いグレードだけ駆動方式が2WDのみとなっていることが分かります。

グレードの数に違いがあり、DAYZ ハイウェイスターのみ4グレードとなっています。
これはDAYZ ハイウェイスターが上級グレードのハイウェイスターGにターボと自然吸気の2種類のエンジンを用意しているため(eKカスタムの上級グレードTはターボのみ)で、日産がエルグランドやセレナ同様にハイウェイスターを販売のメインにしたいと考えて、グレードを充実させていることがうかがえます。
この他、DAYZにはオーテックがカスタマイズした「ライダー」も設定されます。

DAYZとeKワゴンの外観の違い

外観の差異はフロントグリルとフロントバンパーの形状が異なるのみで、サイドとリアは両車とも同一のデザインとなっていますが、ドアミラーに関しては違いがあり、ターンランプ付きドアミラーがDAYZでは7グレード中5グレードに装備されるのに対し、eKは6グレード中上位2グレードしか装備されません。

DAYZとeKワゴンの内装の違い

内装色とシート生地は両車同じで、内装色はDAYZとeKワゴンがアイボリーのみ、DAYZハイウェイスターとeKカスタムがブラックのみで、シート生地は両車ともスエード調ファブリックとなっています。

しかし、グレードによる装備内容には両車で異なる部分もあります。

本革巻ステアリングはDAYZの場合はハイウェイスターシリーズ全車に装備されますが、それ以外のグレードには装備されません。
eKの場合はeKカスタムのT、G(DAYZハイウェイスターG、ハイウェイスターXに相当)の他、eKワゴンのG(DAYZ Xに相当)にも装備されます。

また、シフトノブやエアコン吹き出し口などのシルバー加飾も、DAYZは下位2グレードで非装着となりますが、eKワゴンは最も下位のグレードのみ非装着となっています。

2013年6月18日追記:
関連記事:
デイズボディカラー全色紹介

スポンサーリンク