デイズ ハイウェイスターG(参考展示車)

デイズ ハイウェイスターG(参考展示車)

2013年6月6日に発売が予定されている、日産が三菱と共同開発した新型軽自動車「DAYZ(デイズ)」が、2013年5月22日から6月5日まで日産グローバル本社ギャラリーで先行展示されています。

DAYZは、日産と三菱が軽自動車の開発を目的として設立した合弁会社であるNMKVが送り出す初めての商品で、これまでスズキと三菱からのOEM供給で軽自動車を販売してきた日産にとって初めて商品企画・開発・デザインを自社で手がけたモデル。
生産は三菱自動車の水島工場で行われます。

なお、DAYZは三菱からは新型「eKワゴン」として発売されるため、DAYZは従来のeKワゴンをベースにOEM供給を受けていた日産「OTTI(オッティ)」の後継モデルとなる模様です。

スポンサーリンク

新型軽自動車「日産DAYZ(デイズ)」先行展示

乗用車とのイメージ統一

共同開発とは言え、自社でデザインに手を出せるようになったことからDAYZのデザインは日産車としてのアイデンティティを出しやすくなったようで、ボディサイドにはっきりとしたキャラクターラインを入れたり、テールランプを「ノート」に似た形状としています。

日産のミニバンでおなじみの「ハイウェイスター」も設定され、専用フロントグリルを装備したフロントビューはまるで「セレナ ハイウェイスター」のようなデザイン。

デイズ ハイウェイスターG(DAYZ Highway STAR G)参考展示車

参考展示車 2013年6月6日登場
ボディカラー:ブラック(P)(#CAN)
内装色:エボニー(G)

主要諸元

型式:ニッサンDBA-B21W
車両寸法(全長×全幅×全高):3,395×1,475×1,620mm
車両重量:840kg
ホイールベース:2,430mm
乗車定員:4名
トランスミッション:エクストロニックCVT(無段変速機)
ブレーキ 前/後:ディスク式/リーディングトレーリング式
タイア 前・後:165/55R15 75V・165/55R15 75V
駆動方式:前輪駆動(FF)
製造事業者:三菱自動車工業株式会社

エンジン主要諸元

総排気量:0.659L
最高出力(ネット):36kW(49ps)/6,500rpm
最大トルク(ネット):56N・m(5.7kgf-m)/5,500rpm
エンジン型式:3B20
燃料消費率(JC08モード 国土交通省審査値):29.2km/L
燃料供給装置:電子制御燃料噴射装置
使用燃料・タンク容量:無鉛レギュラーガソリン・30L
主要燃費向上対策:可変バルブタイミング、自動無段変速機(CVT)、電動パワーステアリング、発電電圧可変制御、アイドリングストップ装置

スポンサーリンク