2014年6月10日から7月18日まで日産グローバル本社ギャラリーで「ル・マン参戦ヒストリー」と題した展示が行われ、電力駆動レーシングカーZEOD RCが展示されている。

なお、実車は6月14・15日に開催されたル・マン24時間レースに参戦していたため、展示車は展示用のモックアップである。

スポンサーリンク

モーター走行で300km/h

ZEOD RC(ズィーオッド アールシー)は「Zero Emissions On Demand Racing Car」の略。

zeod rc

3気筒ガソリンエンジンにバッテリーとモーターを組み合わせ、ガソリンエンジンでの走行中に減速エネルギーを回生してバッテリーに充電。
バッテリーの残量が増えればル・マン24時間レースのコースであるサルテサーキットをモーターのみで1周できる。

zeod rc

2014年6月14・15日に開催されたル・マン24時間レースでは革新的な技術のための特別枠で出走し、予選ではモーター走行で300km/hに到達できることを実証した。
しかし、決勝では駆動系トラブルにより5周でリタイアとなった。

スポンサーリンク