日産グローバル本社ギャラリーでは、R380誕生50周年展示が2015年10月30日から12月12日まで開催され、プリンスR380とニッサンR380A-Ⅱが展示された。

スポンサーリンク

プリンス R380(A-Ⅰ型)(1966年・R380型)

プリンス R380(A-Ⅰ型)
プリンス R380(A-Ⅰ型)

1964年(昭和39年)の第2回日本グランプリでプリンス自動車はスカイライン2000GTで参戦するが、純レーシングカーのポルシェ904に優勝をさらわれた。
そこで、ポルシェを倒すために開発されたのがプリンスR380である。

プリンス R380(A-Ⅰ型)

英・ブラバム社製BT8シャシーにオリジナルデザインのアルミボディを架装し、グロリア用G7型OHCエンジンをベースに専用開発された4バルブDOHCのGR8型エンジンをミッドシップに搭載。

プリンス R380(A-Ⅰ型)
プリンス R380(A-Ⅰ型)
プリンス R380(A-Ⅰ型)

1966年(昭和41年)に富士スピードウェイで行われた第3回日本グランプリにプリンスR380は出場。
砂子義一選手がドライブする11号車がポルシェ906を破って優勝した。
2位も3周差で同じくプリンスR380だった。
展示車は優勝した11号車で、2013年にニスモの手でフルレストアが行われている。

プリンス R380(A-Ⅰ型)
プリンス R380(A-Ⅰ型)

ヘリテージコレクションNo.045
全長:3,930㎜
全幅:1,580㎜
全高:1,035㎜
ホイールベース:2,360㎜
トレッド(前/後):1,280㎜/1,260㎜
車両重量:620㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/上Iアーム・下Aアームのダブルラジアスアーム
ブレーキ(前後共):アウトボードディスク
タイア(前/後):5.00L-15 ダンロップR7/6.00L-15 ダンロップR7

エンジン主要諸元

エンジン型式:GR8(直列6気筒・DOHC4バルブ)
総排気量:1,996㏄
最高出力:147kW(200ps)以上/8,400rpm
最大トルク:172N・m(17.5kgm)以上/6,400rpm

スポンサーリンク