日産グローバル本社ギャラリーでは、オープンカーの展示イベント「オープンエア・モータリング Drive The Open Sky」を2017年4月1日から5月21日まで開催している。

期間中は計8台が展示される予定で、2017年4月27日から5月7日まではエクサ キャノピーが展示された。

スポンサーリンク

エクサ キャノピー タイプB(1986年・KEN13型)

日産 エクサ キャノピー

1986年(昭和61年)5月に発売された3代目パルサー(N13型)から、クーペボディが独立したモデルとして同年10月に発売されたのがエクサ。
元になったパルサーとは異なり、リトラクタブルヘッドライトやTバールーフを備えていた。

日産 エクサ キャノピー日産 エクサ キャノピー

ボディスタイルはクーペとキャノピーの2種類があり、リアハッチ部分がワゴン形状だったキャノピーが話題となった。
今回の展示では、キャノピーを取り外した状態で車両と別々に展示していた。

日産 エクサ キャノピー

このキャノピーは、輸出先のアメリカではクーペ用のリアハッチと交換可能で、1台のクルマでクーペとキャノピーの2種類の形状を楽しめるようになっていた。
しかし、日本の法規ではボディ形状を変更することが認められていないため、国内仕様ではリアハッチの交換ができないようにして販売された。

日産 エクサ キャノピー

日産 エクサ キャノピー

完全なオープンカーではないが、Tバールーフとリアハッチを外すことで、フルオープンに近い雰囲気が楽しめるようになっていた。

日産 エクサ キャノピー日産 エクサ キャノピー日産 エクサ キャノピー

ヘリテージコレクションNo.317
全長:4,230㎜
全幅:1,680㎜
全高:1,295㎜
ホイールベース:2,430㎜
トレッド(前後共):1,435mm
車両重量:1,080㎏
サスペンション(前/後):ストラット/パラレルリンク
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイア:195-60-R14

エンジン主要諸元

エンジン型式:CA16DE(直列4気筒・DOHC)
総排気量:1,598㏄
最高出力:88kW(120ps)/6,400rpm
最大トルク:137N・m(14.0kgm)/5,200rpm

スポンサーリンク