日産、2代目ティーダを展示

日産がサニーの後継車種として2004年に発売した初代ティーダ。
日本国内では2012年に販売終了となってノートに統合されたが、海外市場ではフルモデルチェンジして2代目が販売されている。

日産グローバル本社ギャラリーでは、2代目ティーダの中国向け1.6リッターターボ車を2014年3月7日から4月6日までの予定で展示している。
※2014年3月25日追記:展示期間が4月25日までに延長された。

スポンサーリンク

「パルサー」「SSS」も復活

2代目ティーダ

2代目ティーダ(C12型)は2011年に中国、2012年には台湾で発売。
2013年には「パルサー」の名前でタイとオーストラリアでの販売が開始された。

中国仕様のティーダには1.6リッター自然吸気エンジンと1.6リッターターボエンジンの2種類があり、自然吸気は「ティーダ」、ターボは「ティーダGTS」という名称になっている。

ティーダGTSには「1.6T XV」とVDC(横滑り防止装置)やカーテンエアバッグを装備した「1.6T XVセーフティ」の2種類がラインナップされ、今回展示されているのは1.6T XVの2013年モデル。
2014年モデルの中国での価格は1人民元=16.4円(2014年3月22現在)で換算した場合6速MTが138,800元(2,276,320円)、CVT(6速マニュアルモード付)が148,800元(2,440,320円)となっている。

台湾では先代ティーダの4ドアセダンがティーダとして販売されており、区別するために2代目は「BIG TIIDA(ビッグティーダ)」という車名になっている。

タイとオーストラリアではパルサーとして販売されており、中でもオーストラリア仕様の1.6リッターターボエンジン搭載車にはSSS(スリーエス)というグレードが用意される。
「パルサー」はかつて日本と欧州で販売されていた車名で、「SSS」はブルーバードのグレード名として使われていた名称である。

スポンサーリンク

ティーダGTS 1.6T XV(中国仕様2014年モデル)

ボディカラー:ブリリアントシルバー
内装色:ブラック

全長:4295㎜
全幅:1760㎜
全高:1520㎜
ホイールベース:2700㎜
車両重量:1326㎏(CVT),1321kg(MT)

サスペンション(前/後):マクファーソンストラット/トーションビーム
ブレーキ:4輪ディスク
タイアサイズ:205/50R17
駆動方式:前輪駆動(FF)
燃料タンク容量:52L
最高速度:205㎞/h(CVT),220㎞/h(MT)
0-100㎞/h加速:8.3秒(CVT),8.2秒(MT)
燃料消費量:7.8L/100km(12.8km/l)

エンジン主要諸元

エンジン型式:MR16DDT
圧縮比:9.5:1
排気量:1,618cc
最高出力:140kW(190ps)/5,600rpm
最大トルク:240N・m(24.5kgf・m)/2,400-5,200rpm