第46回東京モーターショー2019に第30回東京モーターショーのR33GT-Rを展示

この記事は約2分で読めます。

第46回東京モーターショー2019が、2019年10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトとMEGA WEB、シンボルプロムナード公園で開催された。

東京ビッグサイト南1ホールの大坂なおみ選手と記念撮影をするコーナー「AR Studio」には、R33型スカイラインGT-Rの第30回東京モーターショー出品車が展示された。

スポンサーリンク

日産 スカイラインGT-R 第30回東京モーターショー出品車(1993年・BCNR33型)

日産 スカイラインGT-R 第30回東京モーターショー出品車

1993年(平成5年)8月にスカイラインは9代目・R33型にフルモデルチェンジしたが、GT-Rだけは前モデルのR32型を継続販売していた。

R33型のGT-Rは1993年に開催された第30回東京モーターショーに参考出品され、1995年(平成7年)1月に発売された。

日産 スカイラインGT-R 第30回東京モーターショー出品車

この展示車は1993年の第30回東京モーターショーに参考出品されていた実車で、市販されたR33型GT-Rとはフロントグリル、フロントバンパー、ホイールやリアスポイラーの形状が異なっている。

日産 スカイラインGT-R(R33)プロトタイプ

東京ビッグサイト南1ホールの大坂なおみ選手と記念撮影をするコーナー「AR Studio」に展示された。

第46回東京モーターショー2019 AR Studio

市販車の記事は下記リンクから。

日産 R33GT-Rを2台展示
日産GT-R 2017年モデル展示イベントが、日産グローバル本社ギャラリーで2016年4月2日から5月31日まで開催されており、R33型スカイラインGT-Rの2ドアと4ドアの2台が展示されている。

日産 スカイラインGT-R 第30回東京モーターショー出品車 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.157
※市販車のGT-Rのデータ
全長:4,675㎜
全幅:1,780㎜
全高:1,360㎜
ホイールベース:2,720㎜
トレッド(前/後):1,480㎜/1,490㎜
車両重量:1,530㎏
サスペンション(前後共):マルチリンク
ブレーキ(前後共):ベンチレーテッドディスク
タイア:245/45ZR17

日産 スカイラインGT-R 第30回東京モーターショー出品車 エンジン主要諸元

※市販車のGT-Rのデータ
エンジン型式:RB26DETT(直列6気筒・DOHCツインターボ)
総排気量:2,568㏄
最高出力:205kW(280ps)/6,800rpm
最大トルク:368N・m(37.5kgf・m)/4,400rpm