新型フェアレディZのGT500車両2台を東京オートサロン2022に展示

東京オートサロン2022が、2022年(令和4年)1月14日~16日に千葉県の幕張メッセで開催された。
新型フェアレディZの市販モデルが発表されたが、同時にGT500車両が日産ブースとブリヂストンブースに展示された。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Nissan Z GT500(2022年 SUPER GT GT500クラス 参戦予定車両)

Nissan Z GT500

Nissan Z GT500は2021年(令和3年)12月5日に発表された。
日産は現在進めている事業構造改革「Nissan NEXT」でブランド価値の再構築に取り組んでいる。
この取り組みの一環として、日産ブランドのDNAを象徴するZで2022年シーズンからSUPER GT GT500クラスに参戦を行う。

東京オートサロン2022の日産ブースには230号車が展示された。

Nissan Z GT500(2022年 SUPER GT GT500クラス 参戦予定車両)

Nissan Z GT500(2022年 SUPER GT GT500クラス 参戦予定車両)のリヤビュー

ホイールはレイズ、タイヤはミシュランの組み合わせ。
タイヤサイズはフロント:30/68-18、リヤ:31/71-18。

Nissan Z GT500のホイール

排気管は右側に配置されている。

Nissan Z GT500の排気管

リヤウイングの形状はスワンネックとなっている。

Nissan Z GT500のリヤウイング

車内には計測用と思われる機材や配線が設置されていた。

Nissan Z GT500(2022年 SUPER GT GT500クラス 参戦予定車両)の車内

ブリヂストンブースには、チームインパルの12号車が展示された。

TEAM IMPUL Nissan Z GT500

チームインパルのNissan Z GT500

ブリヂストンのタイヤとエンケイのホイールが組み合わされている。

チームインパルのNissan Z GT500のホイール

新型フェアレディZ 市販モデルの記事は下記リンクから。

新型フェアレディZ日本仕様を東京オートサロン2022に展示
東京オートサロン2022が、2022年(令和4年)1月14日~16日に千葉県の幕張メッセで開催され、日産自動車は新型フェアレディZの日本仕様を公開した。
タイトルとURLをコピーしました