東京オートサロン2020 日産自動車大学校ブース

東京オートサロン2020が、千葉県の幕張メッセで2020年1月10日~12日に開催された。
日産自動車大学校ブースには、京都と愛知の学生が制作した車両が展示された。

スポンサードリンク

VISION JUKE

日産京都自動車大学校 VISION JUKE

日産京都自動車大学校の作品。
日産ジューク(YF15型)をベースとして、2015年上海モーターショーに出品されたコンセプトカー「インフィニティ ビジョンGT」のイメージでカスタマイズ。

日産京都自動車大学校 VISION JUKE

ステアリングホイールはGT-R用を装着している。

日産京都自動車大学校 VISION JUKE

エンジンルームとボンネット裏にも装飾が施されている。
ボンネット裏は、京都にちなんで本物のもみじの葉を塗装に埋め込んでいる。

日産京都自動車大学校 VISION JUKE日産京都自動車大学校 VISION JUKE

フロントフェンダーのボルト穴の手作り感。

日産京都自動車大学校 VISION JUKE

Z12 Cu-Ba

日産愛知自動車大学校 Z12 Cu-Ba

日産愛知自動車大学校が、日産キューブ(Z12型)をベースに2.5か月かけて制作。
いかにアメリカ車に近づけるかをテーマとしており、大きく見せるために流線型のデザインとし、ボディを切断して延長している。

助手席側のインパネには、「立方体」。

日産愛知自動車大学校 Z12 Cu-Ba

Cubeのeをaに変えている。

日産愛知自動車大学校 Z12 Cu-Ba

リアドアは完全に閉まらなかったようだ。

日産愛知自動車大学校 Z12 Cu-Ba