東京オートサロン2015にモチュールオーテックGT-Rを展示

日産自動車は、幕張メッセで2015年1月9日~1月11日まで開催された東京オートサロン2015に、2014年から新レギュレーションとなったスーパーGT GT500クラスに参戦しチャンピオンを獲得したモチュールオーテックGT-R(MOTUL AUTECH GT-R)を出展した。

スポンサーリンク

モチュールオーテックGT-R 2014年モデル

モチュールオーテックGT-R 2014年モデル

DTM(ドイツツーリングカー選手権)とエンジン以外の車両規則を共通化した2014年スーパーGT GT500クラスの車両。
ドライバーは松田次生とロニー・クインタレッリで、第3戦オートポリスと最終戦もてぎで優勝し、第5戦富士、第6戦鈴鹿でも2位を獲得。
2014年シリーズチャンピオンを獲得した。

モチュールオーテックGT-R 2014年モデル

スーパーGT GT500クラスには日産・レクサス・ホンダの3メーカーが参戦しており、モノコック(東レ カーボンマジック製)やシート、駆動系などかなりの部分が3メーカーとも共通部品となるが、エンジン・空力・タイアは自由に開発ができるのでこの3つが勝負のポイントとなる。

モチュールオーテックGT-R 2014年モデル

レギュレーションの変更により、ブレーキローターの材質が前年までのスチールからカーボンへ変更された。
ブレーキローターの重量はスチール製が9.3kgあったがカーボン製ではわずか3.5kgとなったため、4輪で20㎏以上の軽量化となっている。
また寿命についても、スチール製では1000~1500㎞しか性能を維持できなかったがカーボン製は3000~5000㎞性能を維持できるという。

モチュールオーテックGT-R 2014年モデル

ベース車名:ニッサンGT-R
ベース車両型式:R35
全長:4,775㎜
全幅:1,950㎜
ホイールベース:2,750㎜
車両重量:1,020㎏
エンジン型式:NR20A
排気量:1,998㏄
最高出力:550ps以上
最大トルク:50㎏m以上
クラッチ:5.5”カーボン4プレート
トランスミッション:トランスアクスル6速シーケンシャル
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドカーボンディスク/ベンチレーテッドカーボンディスク
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/ダブルウィッシュボーン
駆動方式:2WD(FR)
ホイール(前):12.0J×18
ホイール(後):13.0J×18
タイア(前):30/68-R18
タイア(後):31/71-R18