東京オートサロン2015にGT-R NISMO GT3を展示

日産自動車は、幕張メッセで2015年1月9日~1月11日まで開催された東京オートサロン2015にスーパーGT GT300クラスなどで使用されるカスタマー向けのレース専用車両GT-R NISMO GT3 2015年モデルを出展した。

スポンサーリンク

GT-R NISMO GT3 2015年モデル

GT-R NISMO GT3 2015年モデル

FIA GT3規定に沿ってニスモが開発した、カスタマー向けのレース専用車両。
2015年モデルは軽量化や前後重量配分の見直し、エアロダイナミクスの改善、燃費向上が図られている。

GT-R NISMO GT3 2015年モデル

GT500車両と異なり、GT3は市販車ベースのためボディは市販車のスチールモノコックが使われ、外板のみがカーボン製となっている。
エンジンも市販車と同じ型式で、カムシャフトやコンロッド、ターボチャージャーを変えたものが使われている。

GT-R NISMO GT3 2015年モデル

ベース車名:ニッサンGT-R
ベース車両型式:R35
全長:4,780㎜
全幅:2,036㎜
ホイールベース:2,760㎜
トレッド(前/後):1,675㎜/1,680㎜
車両重量:1,290㎏
エンジン型式:VR38DETT
排気量:3,799㏄
最高出力:550ps以上/6,500rpm
最大トルク:65.0kgf・m以上/5,000rpm
クラッチ:5.5”メタル4プレート
ブレーキ(前):6ピストンキャリパー/ベンチレーテッドスチールディスク
ブレーキ(後):4ピストンキャリパー/ベンチレーテッドスチールディスク
サスペンション(前):ダブルウィッシュボーン式
サスペンション(後):マルチリンク式
駆動方式:2WD(FR)
ホイール(前):13.0J×18
ホイール(後):13.0J×18
タイア(前):330/710-R18
タイア(後):330/710-R18

GT-R NISMO GT3 2015年モデル