モチュールオーテックGT-R

2013年1月11日~13日に幕張メッセで開催された「東京オートサロン2013」。
日産ブースの展示車から、2012年のスーパーGTに参戦したモチュール オーテック GT-Rを紹介します。

スポンサーリンク

レースでのタイア交換とドライバー交代を実演 モチュールオーテックGT-R

モチュール オーテック GT-R

2012年スーパーGT GT500クラス参戦車両。
ドライバーはニスモのエースドライバー本山哲選手とFIA GT1世界チャンピオンのミハエル・クルム選手で、ウイングのような形状のドアミラーが印象的。

gt-r gt500 2012年モチュールオーテックGT-R ドアミラー

千代勝正選手と関口雄飛選手がタイア交換とドライバー交代を実演

ピットワークシミュレーションコーナーでは来場者によるタイア交換体験が開催されましたが、毎年やっているので見飽きた感もでてきました。

そこでマンネリ化を避けるためか、今回は2012年のスーパーGT GT300クラスでGT-Rのドライバーを努めた千代勝正選手と関口雄飛選手がゲスト出演し、ドライバー交代のシミュレーションを披露してくれました。

ニスモのメカニックによるタイア交換。
この日1回目のシミュレーションコーナーだったこともあってタイムは5秒台でしたが、レース中は3秒台で交換することもあるそうです。

千代勝正選手と関口雄飛選手によるドライバー交代の実演もありました。

消防法の規定でブース内での給油はできませんでしたが、給油に使うリグが置かれていました。

給油リグ

給油リグ

モチュール オーテック GT-R(2012年モデル) 主要スペック

  • 出展車両名:MOTUL AUTECH GT-R(2012 SUPER GT)
  • ベース車名:ニッサンGT-R
  • ベース車名型式:ニッサン DBA-R35
  • 公道走行不可

サイズ・重量

  • 全長:4,695mm
  • 全幅:2,000mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • トレッド(前):1,685mm
  • トレッド(後):1,675mm
  • 車両重量:1,100kg

エンジン

  • 型式:VRH34B
  • 排気量:3,396cc
  • 最高出力:530ps以上
  • 最大トルク:45kgm以上

駆動系

  • クラッチ:5.5”カーボントリプルプレート
  • トランスミッション型式:トランスアクスルタイプ6速シーケンシャル
  • ブレーキ(前):ベンチレーテッドディスク
  • ブレーキ(後):ベンチレーテッドディスク
  • 駆動方式:2WD(FR)
  • ホイール(前):13.0J×18
  • ホイール(後):13.0J×17
  • タイア(前):330/40-R18
  • タイア(後):330/45-R17

2013tas_gt500-0004

スポンサーリンク