日産 在庫車の登録手続きを一時停止

日産自動車は2017年9月29日、全国にある軽自動車以外の新車の在庫車およそ6万台の登録手続きを一時停止すると発表した。
生産ラインの最終工程となっている完成検査工程に不備があることを国土交通省から指摘されたのが理由である。

スポンサーリンク

完成検査工程に一部不備

日産自動車の生産ラインでは、最終工程となっている完成検査を、社内の規定によって認定された検査員が行うことになっている。

ところが、追浜工場、栃木工場、日産自動車九州、日産車体、日産車体九州において、完成検査の工程自体は全項目実施されていたものの、一部の検査項目で社内の認定を受けていない検査員が検査を行っていたということが2017年9月18日に国土交通省の指摘で判明した。

現在は規定通りに是正されており、通常通り生産及び登録手続きが行われているが、対象となっている在庫車については再検査を実施後に登録手続きを行う。
対象車のうち既に登録・納車された車両については、再検査の方法が決まり次第、顧客への連絡を行うという。

この件について、日産自動車では第三者を含むチームを作り、調査を行う予定だとしている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加