日産 オートモビルカウンシル2018にMID4 Ⅱ型を展示

この記事は約2分で読めます。

ヘリテージカーのイベント「オートモビルカウンシル2018」が2018年8月3日から5日まで、千葉県の幕張メッセで開催された。
「クラシック ミーツ モダン」がコンセプトのこのイベントは自動車メーカーとヘリテージカー専門ショップが参加しており、今年が3回目となる。

日産ブースでは、海外モータースポーツ活動60年を記念して「60years of performance」という出展テーマでコンセプトカー1台とヘリテージカー3台が展示された。
今回はMID4 Ⅱ型を紹介する。

スポンサーリンク

MID4 Ⅱ型(1987年・MID4-Ⅱ型)

日産 MID4-2

2018年1月と7月にグローバル本社ギャラリーに展示されていたMID4 Ⅱ型が、オートモビルカウンシル2018の会場にも登場。
1987年の東京モーターショー出品から30年を経た2017年(平成29年)、初のフルレストアが行われて走行可能な状態に復元された。

日産 MID4-2
日産 MID4-2

1月の展示の記事

日産 MID4 Ⅱ型を展示
日産が1980年代に開発したミッドシップスポーツカー「MID4 Ⅱ型」が、日産グローバル本社ギャラリーで2018年1月10日から2月11日まで展示されている。

7月の展示の記事

日産グローバル本社ギャラリーにMID4 Ⅱ型を展示
横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは、2018年5月12日から8月20日までの予定で、ヘリテージカーを特別展示するイベント「よみがえる日産の名車たち」を開催している。今回は7月20日から7月31日まで展示されている、MID4 Ⅱ型を紹介する。

MID4 Ⅱ型が市販を断念した理由については下記リンクを参照。

日産 MID4 Ⅱ型が市販を断念した理由
日産が1980年代に開発したミッドシップスポーツカー「MID4 Ⅱ型」が、日産グローバル本社ギャラリーで2018年1月10日から2月11日まで展示された。MID4 Ⅱ型は市販を前提に開発されたものの、発売されることはなかった。その理由とは…

MID4 Ⅱ型 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.167
全長:4,300㎜
全幅:1,860㎜
全高:1,200㎜
ホイールベース:2,540㎜
トレッド(前/後):1,545mm/1,550mm
車両重量:1,400㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
ブレーキ(前後共):ベンチレーテッドディスク
タイア(前/後):235-55-ZR-16/255-50-ZR-16

MID4 Ⅱ型 エンジン主要諸元

エンジン型式:VG30DETT(V型6気筒・DOHC・ツインターボ)
総排気量:2,960㏄
最高出力:242kW(330ps)/6,800rpm
最大トルク:382N・m(39.0kgm)/3,200rpm