日産 オートモビルカウンシル2018にスカイラインGT-Rを展示

ヘリテージカーのイベント「オートモビルカウンシル2018」が2018年8月3日から5日まで、千葉県の幕張メッセで開催された。
「クラシック ミーツ モダン」がコンセプトのこのイベントは自動車メーカーとヘリテージカー専門ショップが参加しており、今年が3回目となる。

日産ブースでは、海外モータースポーツ活動60年を記念して「60years of performance」という出展テーマでコンセプトカー1台とヘリテージカー3台が展示された。
今回は通称「ハコスカGT-R」と呼ばれた、スカイラインGT-Rを紹介する。

スポンサーリンク

スカイライン ハードトップ 2000GT-R(1972年・KPGC10型)

日産スカイライン2000GT-R

スカイラインGT-Rは、1969年(昭和44年)に4ドアセダンとして発売。
1970年(昭和45年)にはコーナリング性能を向上させてレースで勝つことを目的として、ホイールベースを70㎜短縮した2ドアハードトップに切り替わった。
レースで勢いを増したGT-Rは1972年(昭和47年)3月には50勝を達成し、同年10月のワークス活動休止までに52勝した。

日産スカイライン2000GT-R

日産ブースの展示風景。

オートモビルカウンシル2018

スカイライン ハードトップ 2000GT-R 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.401
全長:4,330㎜
全幅:1,665㎜
全高:1,370㎜
ホイールベース:2,570㎜
トレッド(前/後):1,370mm/1,365mm
車両重量:1,100㎏
サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム
タイア:6.45H-14-4PR

スカイライン ハードトップ 2000GT-R エンジン主要諸元

エンジン型式:S20型(直列6気筒・DOHC)
総排気量:1,989㏄
最高出力:118kW(160ps)/7,000rpm
最大トルク:176N・m(18.0kgf・m)/5,600rpm