モータースポーツジャパン2015が2015年4月11、12日に東京・お台場で開催された。
日産ブースにはR391も展示された。

スポンサーリンク

日産 R391(1999年ル・マン富士1000㎞レース優勝車)

モータースポーツジャパン2015 R391

1999年(平成11年)のル・マン24時間レースのために制作されたR391は22号車と23号車が出場したが、23号車は予選でクラッシュしたため出走できなかった。

決勝では予選12位だった22号車が出走したが、スタートから7時間半後の110周でリタイアした。

モータースポーツジャパン2015 R391

同年11月に富士スピードウェイで行われたル・マン富士1000㎞レースに出走した23号車はエリック・コマス/本山哲/影山正美組がドライブし、優勝した。
展示車はその時の車両である。

モータースポーツジャパン2015 R391

ヘリテージコレクションNo.172
全長:4,650㎜
全幅:2,000㎜
全高:695㎜
ホイールベース:2,750㎜
トレッド(前/後):1,660㎜/1,610㎜
車両重量:900㎏以上
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:6ポッド・カーボンローター・カーボンパッド
タイア(前/後):325-30R18/365-35-R18

エンジン主要諸元

エンジン型式:VRH50A(V8・DOHC)
総排気量:4,997㏄
最高出力:441kW(600ps)以上

スポンサーリンク