日産の電気自動車「リーフ」が初のフルモデルチェンジを受けて2代目・ZE1型となり、2017年9月6日に発表された。

横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは2017年9月6日から11月12日まで新型リーフ展示イベントが開催されている。

新型リーフには素材と色の違いで合計5種類の内装があるが、今回のイベントではそのうち2種類が展示された。

スポンサーリンク

新型リーフ(ZE1)内装色紹介

新型リーフの内装の素材と色の組み合わせはグレードによって異なる。
リーフGとリーフXはシート素材が織物で、色はブラックとエアリーグレーの2色。
メーカーオプションで本革のブラックとエアリーグレーを選択できる。
リーフSはブラックのメッシュフラットトリコットのみとなる。
今回の展示では、織物のエアリーグレーと本革のブラックの2種類が展示された。

素材:織物 色:エアリーグレー

リーフ エアリーグレー内装
リーフ エアリーグレー内装
リーフ エアリーグレー内装

素材:本革 色:ブラック

シート外周部にグレーの生地があしらわれている。

リーフ 本革 ブラック
リーフ 本革 ブラック
リーフ 本革 ブラック

新型リーフのボディカラー紹介はこちら

スポンサーリンク