日産の電気自動車「リーフ」が初のフルモデルチェンジを受けて2代目・ZE1型となり、2017年9月6日に発表された。

横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは2017年9月6日から11月12日まで新型リーフ展示イベントが開催されており、9月6日・7日にはティーダをベースとしたEV(電気自動車)テストカーも展示された。

スポンサーリンク

ティーダ EVテストカー(2008年・C11改)

ティーダ EVテストカー

初代リーフの先行開発のために制作された車両。
初代リーフ発売前年の2009年(平成21年)に「先進技術説明会」でプレス向けに公開され、前年のキューブEVテストカー同様に試乗会も行われた。
キューブEVテストカーの記事はこちら

ティーダ EVテストカー

初代リーフのプラットフォーム検討を目的としているため、ホイールベースは100㎜延長して2,700㎜となっており、全長が190㎜、全幅が約70㎜、トレッドも50~60㎜拡大されている。
その結果、ティーダより安定感のあるプロポーションとなっている。

ティーダ EVテストカー

リチウムイオン電池の搭載による重量増加に対応するため、タイヤはティーダより20㎜幅広なサイズに変更されている。
そのためフェンダーが広げられている。

ティーダ EVテストカー

ティーダ EVテストカー主要諸元

ヘリテージコレクションNo.424
全長:4,440㎜
全幅:1,766㎜
全高:1,535㎜
ホイールベース:2,700㎜
トレッド(前/後):1,540mm/1,535mm
車両重量:1,620㎏
サスペンション(前/後):ストラット/トーションビーム
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイア:205/55R15

スポンサーリンク