横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは、商用車の展示イベント「暮らしを支え続ける日産のクルマたち」が2017年6月14日から8月31日まで開催されている。
2017年8月16日から9月3日まで、3代目スカイラインのバンが展示されている。

スポンサーリンク

スカイライン バン(1968年・VC10S型)

スカイライン バン

3代目スカイラインは1968年(昭和43年)に発売された。
ボクシーなスタイリングから「ハコスカ」の愛称が付き、発売当初は4ドアセダン、エステートとバンがラインナップされていた。

スカイライン バン

バンでもセダン同様にデザイン上の特徴である「サーフィンライン」が施され、スタイリッシュな商用車となっていた。

スカイライン バン

エンジンは先代のスカイライン1500と同じ、プリンス自動車が設計したG15型。
サスペンションはフロントはストラット式、リアには耐荷重性に優れたリジッドアクスルが採用された。

スカイラインバン主要諸元

ヘリテージコレクションNo.265
全長:4,265㎜
全幅:1,595㎜
全高:1,425㎜
ホイールベース:2,490㎜
トレッド(前/後):1,325mm/1,320mm
車両重量:1,010㎏
サスペンション(前/後):ストラット/半浮動リーフ・リジッド
ブレーキ(前/後):ドラム/ドラム
タイア:5.50-13-6PR

スカイラインバンエンジン主要諸元

エンジン型式:G15型(直列4気筒・OHC)
総排気量:1,483㏄
最高出力:65kW(88ps)/6,000rpm
最大トルク:120N・m(12.2kgm)/4,000rpm

スカイライン バン

スポンサーリンク