日産グローバル本社ギャラリーでは、2014年12月2日から12月25日まで、日産自動車の80周年を記念した特別展示の第4弾である「日産80周年グランドフィナーレ~80年のありがとうをこめて~」Part2が開催されている。
第4弾となる今回の展示はPart1とPart2に分かれており、今回はPart2として10台が展示された。

その中から「ハコスカ」の愛称で親しまれたスカイライン2000GT-Xを紹介する。

スポンサーリンク

スカイライン ハードトップ2000GT-X(1972年 KGC10型)

スカイライン ハードトップ2000GT-X

1966年(昭和41年)にプリンス自動車工業と日産自動車が合併し、「ニッサン スカイライン」となった3代目C10型スカイラインは、1968年(昭和43年)8月に発売された。
発売当初はファミリーセダンとして広告を展開していたが、翌年から「愛のスカイライン」として若い男女がスカイラインで旅をするというコンセプトの広告キャンペーンが始まり、スカイラインの人気は上昇。

スカイライン ハードトップ2000GT-X

1970年(昭和45年)には2ドアハードトップが追加された。
展示車はSUツインキャブ付きエンジンを搭載した1972年式の2ドアハードトップ 2000GT-Xで、フロントフェンダーにはゴールドと白のGTバッジが装着されていた。

ホイールカバー中央部もゴールドとなっており、写真では見えないがGTXのロゴの上には「SKYLINE」、下には「2000」と刻印されている。

スカイライン ハードトップ2000GT-X

展示車はAT車のため、リアには「NISSAN FULLAUTO MATIC」のエンブレムが装着されている。
まだAT車が珍しかった時代ならではのエンブレム。

スカイライン ハードトップ2000GT-X

ヘリテージコレクションNo.199
全長:4,330㎜
全幅:1,595㎜
全高:1,375㎜
ホイールベース:2,570㎜
トレッド(前/後):1,325㎜/1,320㎜
車両重量:1,115㎏
サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム
タイア:6.45S-14-4PR

エンジン主要諸元

エンジン型式:L20型(直列6気筒・OHC)SUツインキャブ
総排気量:1,998㏄
最高出力:96kW(130ps)/6,000rpm
最大トルク:172N・m(17.5kgm)/4,400rpm

スポンサーリンク