日産 フェアレディZ-Lを展示

日産グローバル本社ギャラリーのヘリテージゾーンでは、2019年11月23日から12月25日まで、歴代フェアレディZから3台が展示された。
今回は初代フェアレディZを紹介する。

スポンサーリンク

日産 フェアレディZ-L 2シーター(1977年・S31型)

ヘリテージゾーンには3台のフェアレディZが展示された。

日産グローバル本社ギャラリー ヘリテージゾーン

1969年(昭和44年)に登場した初代フェアレディZ(S30型)は、1976年(昭和51年)に昭和51年排出ガス規制に対応するため、排出ガス還流装置(EGR)が追加された。
同時に車両型式もS30型からS31型へ変更された。

日産 フェアレディZ-L 2シーター

展示車は上級グレードのZ-Lで、カーステレオや5速MTを装備している。

日産 フェアレディZ-L s31型 内装

リアウインドウ下部には昭和51年排出ガス規制に適合したことをアピールするステッカーが装着されている。

日産 フェアレディZ-L s31型

この車両が銀座の日産クロッシングに展示された際の記事は下記リンクから。

日産 初代フェアレディZを日産クロッシングに展示
日産クロッシングでは、2018年8月2日から「よみがえる名車シリーズ~日産の走りへの情熱~」という展示イベントを開催している。今回は第4回の展示として2018年9月22日から10月14日まで展示されている、初代フェアレディZを紹介する。

日産 フェアレディZ-L 2シーター 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.241
全長:4,115㎜
全幅:1,630㎜
全高:1,295㎜
ホイールベース:2,305㎜
トレッド(前/後):1,355㎜/1,345㎜
車両重量:1,135㎏
サスペンション(前後共):ストラット
ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム(アルミフィン付)
タイア:6.45H-14-4PR

日産 フェアレディZ-L 2シーター エンジン主要諸元

エンジン型式:L20E型(直列6気筒・OHC)
総排気量:1,998㏄
最高出力:96kW(130ps)/6,000rpm
最大トルク:167N・m(17.0kgf・m)/4,400rpm