日産グローバル本社ギャラリーでは、2015年6月9日から6月28日まで、ル・マン24時間レースに関連した展示が行われている。

今回は日産グローバル本社ギャラリーのメインステージに展示されたR390 GT1を紹介する。

スポンサーリンク

ニッサン R390 GT1(1998年 R390型)

日産 R390 GT1

展示車は1998年(平成10年)のル・マン24時間レース出場車で、総合3位となった車両のレプリカ。

日産 R390 GT1

1998年のル・マン24時間レースにはR390GT1が4台出走。
30号車5位、31号車6位、32号車3位、33号車10位という結果だった。

日産 R390 GT1

30号車と32号車の実車は今回の展示車と別に現存しているため、今回の展示車は31号車か33号車のいずれかだった車両に32号車のカラーリングを施したレプリカである。

日産 R390 GT1

ヘリテージコレクションNo.174
全長:4,720㎜
全幅:2,000㎜
全高:1,090㎜
ホイールベース:2,720㎜
トレッド(前/後):1,710㎜/1,640㎜
車両重量:1,000㎏以上
サスペンション(前後共):ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(前後共):AP製6ポッドカーボンローター・カーボンパッド
タイア(前/後):280-35-R18/335-40-R18

エンジン主要諸元

エンジン型式:VRH35L(V型8気筒・DOHCツインターボ)
総排気量:3,495㏄
最高出力:478kW(650ps)以上/6,800rpm
最大トルク:706N・m(72.0kgm)以上/4,400rpm

スポンサーリンク