日産 R380 (A-Ⅱ)を展示

横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは、2018年5月12日から8月20日までの予定で、ヘリテージカーを特別展示するイベント「よみがえる日産の名車たち」を開催している。

歴史的車両の再生をテーマにした展示で、座間記念庫の「日産ヘリテージコレクション」の中から、過去2年以内にレストアされた延べ14台が展示される。
今回は6月22日から7月5日まで展示された、日産R380(A-Ⅱ)を紹介する。

スポンサーリンク

ニッサン R380(A-Ⅱ) 1967年国際スピード記録樹立車(1967年・R380型)

ニッサン R380

前モデルのプリンスR380(A-Ⅰ)で1965年(昭和40年)10月に茨城県谷田部の高速試験場で国際スピード記録に挑戦したものの、試験場が国際自動車連盟(FIA)未公認だったため日本記録にとどまった。

ニッサン R380

そこで日産は1967年(昭和42年)10月、FIAの公認後の谷田部高速試験場でR380(A-Ⅱ)を用いて再挑戦。
50km /50マイル/100km /100マイル/200km /200マイル/1時間の合計7種の国際記録を樹立した。

ニッサン R380

展示車は当時の実車で、最高速度を向上させるためにレース仕様より全長が80mm長くなっている。

ニッサン R380

前モデルであるプリンスR380の記事は下記リンクを参照。

2018年7月18日追記:「矢田部」を「谷田部」に訂正しました。

ニッサン R380(A-Ⅱ) 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.046
全長:4,060㎜
全幅:1,685㎜
全高:985㎜
ホイールベース:2,360㎜
トレッド(前/後):1,424mm/1,372mm
車両重量:718㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/ダブルラジアスアーム
ブレーキ(前後共):ガーリング社製4輪ディスク
タイア(前/後):5.50L-15/6.50L-15 ダンロップR7

ニッサン R380(A-Ⅱ) エンジン主要諸元

エンジン型式:GR8(直列6気筒・4バルブDOHC)
総排気量:1,996㏄
最高出力:162kW(220ps)以上/8,400rpm
最大トルク:196N・m(20.0kgm)以上/7,200rpm