ペンズオイル ニスモGT-R 1998年モデルを展示

日産グローバル本社ギャラリーでは、2015年11月29日にニスモフェスティバルが開催されたのに合わせて、2015年11月28・29日の2日間レーシングカーの特別展示が行われた。

5台のレーシングカーが展示されたが、今回はペンズオイル ニスモGT-Rを紹介する。

スポンサーリンク

ペンズオイル ニスモGT-R(1998年 BCNR33型)

ペンズオイル ニスモGT-R 1998年

展示車は1998年(平成10年)の全日本GT選手権にニスモのワークスマシンとして参戦した車両。

エリック・コマス/影山正美組がドライブし、シリーズチャンピオンを獲得した。

ペンズオイル ニスモGT-R 1998年

ヘリテージコレクションNo.190
全長:4,675㎜
全幅:1,880㎜
全高:1,280㎜
ホイールベース:2,720㎜
トレッド(前/後):1,560㎜/1,535㎜
車両重量:1,200㎏以上
サスペンション:ダブルウィッシュボーン(前後共)
ブレーキ(前/後):6ポットベンチレーテッドディスク/4ポットベンチレーテッドディスク
タイア(前/後):315-40-R18/335-40-R18

ペンズオイル ニスモGT-R 1998年

エンジン主要諸元

エンジン型式:RB26DETT(直列6気筒・DOHCツインターボ)総排気量:2,708㏄
最高出力:368kW(500ps)以上/6,000rpm
最大トルク:706N・m(72.0kgm)以上/4,400rpm

ペンズオイル ニスモGT-R 1998年
ペンズオイル ニスモGT-R 1998年

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加