日産 フェアレディZコンバーチブルを展示

この記事は約2分で読めます。

横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは、フェアレディZ コンバーチブルが2019年1月19日から2月28日まで展示されている。
2019年2月27日追記:展示期間が3月27日まで延長された(3月4日・17日は休館)。

スポンサーリンク

フェアレディZ コンバーチブル(1992年・HZ32型)

フェアレディZ コンバーチブル

4代目フェアレディZ(Z32型)は1989年(平成元年)7月に発売され、1992年(平成4年)8月にコンバーチブルが追加された。
Z32型は2000年まで生産されたが、コンバーチブルは1998年(平成10年)に生産を終了した。

フェアレディZ コンバーチブル

ソフトトップは手動式で、フレームや収納部のリッドはアルミ製となっている。

フェアレディZ コンバーチブル

エンジンは3リッター・V型6気筒自然吸気のVG30DE型で、トランスミッションは5速MTと4速ATが用意されていた。
展示車は5速MT。

フェアレディZ コンバーチブル

フェアレディZコンバーチブルが2017年に展示された際の記事は下記リンクを参照。

日産 フェアレディZコンバーチブルを展示
日産グローバル本社ギャラリーでは、オープンカーの展示イベント「オープンエア・モータリング Drive The Open Sky」を2017年4月1日から5月21日まで開催している。期間中は計8台が展示される予定で、2017年4月15日から4月26日まではZ32型のフェアレディZコンバーチブルが展示される。

フェアレディZ コンバーチブル 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.215
全長:4,310㎜
全幅:1,790㎜
全高:1,255㎜
ホイールベース:2,450㎜
トレッド(前/後):1,495㎜/1,535㎜
車両重量:1,520㎏
サスペンション(前後共):マルチリンク
ブレーキ(前後共):ベンチレーテッドディスク
タイア:225/50R16 92V

フェアレディZ コンバーチブル エンジン主要諸元

エンジン型式:VG30DE(V型6気筒・DOHC)
総排気量:2,960㏄
最高出力:169kW(230ps)/6,400rpm
最大トルク:272N・m(27.8kgf・m)/4,800rpm