日産リーフのレーシングカー「リーフ NISMO RC」を展示

この記事は約2分で読めます。

東京・銀座の日産クロッシングでは、電気自動車「リーフ」のレーシングカー「日産 リーフ NISMO RC」の2代目モデルが、2018年11月30日から展示されている。

スポンサーリンク

日産 リーフ NISMO RC

日産 リーフ NISMO RC

外観は市販車の面影を残しているが、ボディはモノコックもサブフレームもカーボン製。
前後のサブフレームは共通部品となっており、それぞれ最大2基のモーターが搭載可能な設計となっているため、フロントにモーターを2基搭載したFF、リアにモーターを2基搭載したRRとすることも可能。
車両重量は1,220㎏で、0-100km/h加速は先代よりおよそ50%速い3.4秒となっている。

日産 リーフ NISMO RC

先代は後輪駆動だったが、新型では前後にモーターを1基ずつ搭載し、4輪を駆動する。
前後の駆動力配分は40:60~50:50となっている。
2つのモーターは合わせて最高出力240kW、最大トルク640Nmを発生する。

日産 リーフ ニスモ RC

先代リーフ NISMO RCは8台が生産されたが、新型は6台生産され、世界各国のモーターショーやイベントで展示される。

電気自動車のレーシングカー「日産 リーフ NISMO RC」

先代リーフ NISMO RCの記事は下記リンクを参照。


日産リーフ ニスモRCを展示
日産グローバル本社ギャラリーでは、2015年11月29日にニスモフェスティバルが開催されたのに合わせて、2015年11月28・29日の2日間レーシングカーの特別展示が行われた。5台のレーシングカーが展示されたが、今回はリーフ ニスモRCを紹介する。