日産グローバル本社ギャラリーでは、スカイライン誕生40周年を記念して発売された「スカイラインGT-R オーテックバージョン 40thアニバーサリー」を展示している。
展示期間は2015年1月14日から2月12日までの予定。

スポンサーリンク

スカイラインGT-R オーテックバージョン 40thアニバーサリー(1998年 R33型)

スカイラインGT-R オーテックバージョン

スカイライン誕生40周年を記念して発売されたモデルで、「大人のための超高性能スポーツセダン」がコンセプト。
1997年(平成9年)の第32回東京モーターショーに出品後、翌1998年(平成10年)1月から期間限定で発売された。
当時の価格は498万5000円で、およそ500台が生産された。

スカイラインGT-R オーテックバージョン

同一車種に4ドアと2ドアがラインナップされる場合、通常はホイールベースを変えるが、R33型スカイラインは開発コスト削減のために4ドアと2ドアを同一ホイールベースとして開発された。
そのため、GT-R専用に補強の入った2ドアGT-Rのフロアパネルの上に4ドアセダンのボディ上屋を架装することができ、4ドアセダンのGT-Rを制作することが可能だった。
まさに怪我の功名とも言えるクルマなのである。

スカイラインGT-R オーテックバージョン

2ドアGT-Rのブリスターフェンダーを4ドアでも再現するため、リアドアとリアフェンダーはオーテックバージョン専用品となる。

スカイラインGT-R オーテックバージョン

エンジンは2ドアGT-Rと同じく、直列6気筒・DOHCツインターボのRB26DETT型を搭載。
「SKYLINE GT-R」のロゴ入りストラットタワーバーも装備される。

スカイラインGT-R オーテックバージョン

ヘリテージコレクションNo.342
全長:4,755㎜
全幅:1,780㎜
全高:1,380㎜
ホイールベース:2,720㎜
トレッド(前/後):1,480㎜/1,490㎜
車両重量:1,560㎏
サスペンション(前/後):マルチリンク/マルチリンク
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイア:245/45ZR17

エンジン主要諸元

エンジン型式:RB26DETT(直列6気筒・DOHCツインターボ)
総排気量:2,568㏄
最高出力:206kW(280ps)/6,800rpm
最大トルク:368N・m(37.5kgm)/4,400rpm

スポンサーリンク