「日産・プリンス合併50周年特別展示」が、日産グローバル本社ギャラリーで2016年8月2日から2017年1月31日まで開催されている。

このイベントではプリンス車だけでなく、日産とプリンスの合併後に日産で継承されたクルマや両社の技術・文化の融合を象徴するクルマが展示される。

2代目グロリアのトップグレード「プリンス グロリア スーパー6」が、2016年10月17日から11月6日まで日産グローバル本社ギャラリーで展示された。

スポンサーリンク

プリンス グロリア スーパー6(1967年・S41D型)

プリンス グロリア スーパー6

プリンス自動車工業から初代グロリア(BLSI型)が誕生したのは1959年(昭和34年)と日産セドリックより古く、当時のスカイライン(初代・ALSI型)を母体とした派生車だった。

1962年(昭和37年)9月デビューの2代目・S40系はプリンスが描く「日本の高級車の理想形」を提示した意欲作で、斬新なフラットデッキスタイルと、路面追従性に優れたド・ディオン・アクスル式リアサスペンション、アルミドラムブレーキなど、当時の最新技術が採用されていた。

プリンス グロリア スーパー6

スーパー6(S41型)は1963年(昭和38年)に追加されたトップグレードで、2リッタークラスでは日本初の直列6気筒OHCのG7型エンジンを搭載した。
このG7エンジンはのちにスカイラインGT(S54型)に転用されて第2回日本グランプリで活躍し、「スカイライン伝説」のきっかけとなった。

プリンス グロリア スーパー6

リアには日産とプリンスの両方のエンブレムが装着されている。

プリンス グロリア スーパー6

ヘリテージコレクションNo.333
全長:4,650㎜
全幅:1,695㎜
全高:1,480㎜
ホイールベース:2,680㎜
トレッド(前/後):1,380㎜/1,400㎜
車両重量:1,320㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/ド・ディオン・アクスル
ブレーキ(前後共):ドラム
タイア(前後共):7.00-13-4PR
トランスミッション:4速(3速+OD)コラム

エンジン主要諸元

エンジン型式:G7型(直列6気筒・OHC)
総排気量:1,988㏄
最高出力:77kW(105ps)/5,200rpm
最大トルク:157N・m(16.0kgm)/3,600rpm

スポンサーリンク