2万台限定の日産フィガロを日産グローバル本社ギャラリーに展示

スポンサーリンク

日産自動車が1991年に2万台限定で発売した「フィガロ」が、2023年(令和5年)6月16日から8月8日まで日産グローバル本社ギャラリーに展示されている。

スポンサーリンク

日産 フィガロ(1991年・FK10型)

日産フィガロ(1991年・FK10型)

フィガロは、「日常の中のちょっとしたお洒落、優雅な気分を気軽に楽しめる個性的なパーソナルクーペ」をテーマに開発された。
個性的なデザイン、オープンルーフ構造、本革シートの採用が特徴となっている。

日産フィガロ(1991年・FK10型)のリヤビュー

1989年(平成元年)に開催された第28回東京モーターショーに参考出品され、好評だったことから商品化された。
発売日は1991年(平成3年)2月14日で、納期の短縮を図るために販売台数2万台を3回に分け、各回の申し込み台数が販売台数を超えた場合に抽選が行われた。

各回の販売台数は下記の通り。
限定販売台数:20,000台

  • 第一回
    販売台数:8,000台
    申し込み期間:2月14日~3月14日
    抽選発表日:4月6日
  • 第二回
    販売台数:6,000台
    申し込み期間:3月15日~6月16日
    抽選発表日:6月29日
  • 第三回
    販売台数:6,000台
    申し込み期間:6月17日~8月31日
    抽選発表日:9月14日

外観はボディ全体を曲面で構成し、クロームメッキのパーツをアクセントとしている。
オープンカーの解放感を気軽に楽しめるフルオープントップが採用され、ソフトトップは完全にトランクに格納される構造となっている。

日産フィガロ(1991年・FK10型)のシート

内装は前後シートに米国・シートン社製のホワイトレザーを採用し、天然素材の風合いや感触を持たせた。
メーターやスイッチ類はフィガロ専用のデザイン。
トランスミッションは3速ATのみで、希望小売価格(消費税抜き)は187万円だった。

日産フィガロ(1991年・FK10型)のインストルメントパネル

今回の展示車は走行距離が11万4000km台だったが、以前展示されたフィガロ(ヘリテージコレクションNo.397)は走行1万7000km台の個体だったため、ヘリテージコレクションにはフィガロが2台所蔵されているようだ。

ヘリテージコレクションNo.397が展示された際の記事は下記リンクから。

日産 フィガロをオープンカーの展示イベントで展示
日産グローバル本社ギャラリーでは、オープンカーの展示イベント「オープンエア・モータリング Drive The Open Sky」を2017年4月1日から5月21日まで開催している。期間中は計8台が展示される予定で、2017年5月9日から5月21日まではフィガロが展示されている。

フィガロ主要諸元

全長:3,740㎜
全幅:1,630㎜
全高:1,365㎜
ホイールベース:2,300㎜
トレッド(前/後):1,350mm/1,335mm
車両重量:810㎏
サスペンション(前/後):ストラット/4リンクコイル
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイア:165/70R12 77H

フィガロ エンジン主要諸元

エンジン型式:MA10ET(直列4気筒・OHC・ターボ)
総排気量:987㏄
最高出力:55.9kW(76ps)/6,000rpm
最大トルク:105.9N・m(10.8kgm)/4,400rpm

タイトルとURLをコピーしました