日産 海外初参戦のダットサンを展示

横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは、2018年8月21日から11月27日までの予定で、特別展示イベント「世界に挑め。日産グローバルモータースポーツ60年~ 60 years of NISSAN International Motorsport~」を開催している。

日産が海外でのモータースポーツ活動を始めてから60年となるのを記念して、ヘリテージカーの中から代表的な競技車両14台が2台ずつ7回に分けて展示される。
今回は8月21日から9月2日まで展示されている、ダットサン 1000セダン 富士号を紹介する。

スポンサーリンク

ダットサン 1000セダン 富士号(1958年・210型)

ダットサン富士号

日産が初めて海外のモータースポーツに参戦した際に使用された車両。
ボディカラーが赤の「富士号」とピンクの「桜号」の2台で1958年(昭和33年)8月、オーストラリア一周ラリーに挑んだ。

ダットサン富士号

富士号は19日間で16,000㎞を走破して完走し、排気量1,000㏄以下の「Aクラス」で優勝、桜号もクラス4位となった。

ダットサン富士号

日産自動車創立80周年のイベントに展示された際の記事は下記リンクを参照。

オートモビルカウンシル2018に展示された際の写真は下記リンクを参照。

市販車のダットサン1000の記事は下記リンクを参照。

ダットサン1000 セダン 富士号 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.017
全長:3,860㎜
全幅:1,466㎜
全高:1,535㎜
ホイールベース:2,220㎜
トレッド(前/後):1,170mm/1,180mm
車両重量:925㎏
サスペンション(前/後):縦置きリーフ/縦置きリーフ
ブレーキ(前/後):ドラム/ドラム
タイア:5.00-15-4PR

ダットサン1000 セダン 富士号 エンジン主要諸元

エンジン型式:C型(直列4気筒・OHV)
総排気量:988㏄
最高出力:25kW(34ps)/4,400rpm
最大トルク:65N・m(6.6kgm)/2,400rpm